恋愛市場の秘密

「婚活市場」は実は男性にとっては「穴場」

ご存知でしたか?

「婚活市場」って、女性の方が本気で人数も多く、男性の争奪戦なんです。だから、実は男性にとっては狙い目なんですよ。

軽い出会い系アプリなんかだと、圧倒的に男性の利用者数の方が多いですけどね^^;

 

本気でパートナーを探したい男性には、真剣な婚活サービスを利用することをお勧めしたいですね。

おすすめなのが女性会員も多く信頼できる大手の エン婚活エージェント や、恋愛・結婚情報サービス エンジェル あたりでしょうか。

 

ただ彼女が欲しいとかモテることが目的でしたら、本気の婚活はお金もかかるし、適正ではないかもしれません。

結婚は考えてないけどとりあえず彼女が欲しい男性には、Pairs がオススメですね。いろんな恋活アプリがありますが、私の周囲で男女ともにダントツで使ってる率が高いのが Pairs です。実際にPairs で知り合った人と結婚した女性も知っています。とりあえずアプリを始めたいならPairs 一択ですね。

 

恋活サービスに限らず、世間一般的には、実は、「いい男」って、余りにくいんです。

あまりこのことに気づいている人は多くはないのですが、実は出会いの場の市場って「問題のない普通の女性」が余ってたりするんです。この秘密は生物学的な男女の違いも絡んでいて、後ほど詳しくお話ししたいと思います。

 

今回は女性目線で見た婚活市場の話をします。

婚活をする多くの女性は、「いい男どころか普通の人すらもいない」と嘆きます。勿論それはお互い様であることは間違い無いのですが。。
あまり大きな声では言えないですが、確かにいい女やいい男というのは出会いの市場に出る間も無く売れてしまうものなのですが、「普通」レベルであれば、明らかに女性の方が残っている割合が多いです。
理由は後ほど詳しく説明しますが、一言で言うとメスの方がオスを見る目があり、厳しい審査をし、(それは残す遺伝子と自身の生命に関わるからなのですが)
いい男は早い段階で狩られ尽くしてしまうのです。これは、メスの方が恋愛に対して本気であることからも明らかです。
一方、オスはそれほどメスにこだわりがないというケースも多いようです。これは本質的にオスとメスが種と土壌の関係であるからなのです。そもそも生物学的な土台が違うのです。。。
争奪戦に敗れた女性が最後のチャンスをかけて、婚活パーティに顔を出します。
パーティや婚活イベントに参加する女性は、ただうっかり機会を逃してしまった、良くも悪くも「ふつうの見た目、性格、職業」の女性たちであることが多いです。一方、男性はどうでしょうか。
失礼ながら、女性の争奪戦にあぶれたオスというのは、同性から見て、魅力的ではありません。女性は、人生をかけて、自分が遺伝子を残すべきオスを本能的に探し出します。故に、よほど偏った環境で生きてこない限り、いい男が一般社会で余ることは、まずありません。
相手が見つからない男性側にも仕事に没頭していたり長年付き合った恋人と別れたり、いろいろな事情があることはわかります。
一般社会であぶれた男性が必ずしも魅力がないわけではありません。生物学的違いにより、「普通の人」をゲットするチャンスという意味では、明らかに女性よりも有利なはずなのです。
女性は、全体的に、平均的な傾向があります。大きく落ちることもなく、大きく成功もしない代わりに全員が平均的スペックであるのです。だから尚更男性は「付き合えるなら誰でもいい」という思考になりやすいのです。土壌には、それほど違いがありません。大きな違いが出るのは、種の方です。
そして、余る女性というのは、特に大きな欠陥があるわけではなく、ただ機会に恵まれなかった「普通の人」であることが多いのです。
だから、「いい女がいない」と嘆く必要はありません。本気で探せば、あなたは妥協することなく女性を見つけることができるでしょう。